歯を抜かない非抜歯矯正 − 歯並び・歯列矯正治療案内 − 当院では患者様のお口の将来を考えて“非抜歯矯正”を基本としています。

神奈川県平塚市の歯医者さん「おおの歯科医院」 電話番号0463-58-1181

神奈川県平塚市の歯医者さん「おおの歯科医院」のアクセスマップ

歯並び・歯列矯正Q&A

当院の患者様によくいただく質問についてQ&Aにまとめております。 矯正治療をお考えの方は参考としてご覧ください。

歯並び・歯列矯正Q&Aの前に

当院の歯並び・歯列矯正のこだわりは【非抜歯】歯を抜かないことを最優先に考えることにあります。
ネット上では、非抜歯矯正や抜歯矯正について極端な是非を論じるサイトを見かけることがありますが、この論議は我々専門家主体の考え方のような気がします。
最優先すべきは患者様の要望であり、その要望に応えることのできる知識・経験・技量であると私は思っております。

治療開始時は小学生だった男の子の治療例
良い咬み合わせは、集中力など心身の成長にも好影響します。

当院では、患者様の歯並び・咬み合わせの院内矯正相談を実施しております。
医院で口腔状態を拝見し、矯正治療の必要性を専門家の立場でお答えする、予約制ですが無料のサービスです。
矯正治療が必要な場合は“ぜひ当院の患者様になっていただきたい”といった思いから実施しているサービスですが、矯正治療を積極的に勧めるようなことはしておりませんので、お気軽にご活用ください。

院内矯正相談サービス実施中

歯並び・歯列矯正Q&A集

2013年4月1日現在の歯並び・歯列矯正Q&A集です。
より良い情報とするために、患者様よりいただいた質問は随時フィードバックしてまいります。

矯正治療を始める最適な時期は?

いつ治療を開始するのが一番よいかは、患者様が気になり出した時がベストだと思います。
矯正治療に年齢は関係なく何歳からでも治療はできます。ただし、年齢によっては様々な制約も出てきますので早めにご相談ください。
お子様の歯並びについては、永久歯が上下4本生え揃った頃(8歳程度)に咬み合わせの検査をお受けください。お子様の反対咬合(受け口)の場合は早期治療をお勧めします。

歯並びが悪いとどんな影響があるの?

・歯磨きが難しいため、虫歯リスクが高くなります。
・歯並びや咬み合わせの相互作用から、さらに悪くなることが懸念されます。
・顎関節への過度な負担から“顎機能障害”のリスクが増加します。
・発音、発声、会話などに影響します。
・正常な顎骨の成長が妨げられ、口もとや顔の歪みの原因になります。
・ストレスや劣等感の増大に関係してきます。
・集中力に影響するため、運動・勉強・仕事などの低下につながります。

矯正治療の期間はどのくらい?

歯や顎に害を及ぼさない弱い力でゆっくりと歯を動かして、歯並びや咬み合わせを整えるのが矯正治療です。
そのため年齢や口腔状況によって治療期間は異なります。
例えば小学生の場合、歯を動かす矯正期間は1年半ほどかかり、その後、歯並びを安定させる保定期間として2~3年程要します。
個人差はありますが、乳歯から永久歯への交換がスムーズに移行すれば小学生のうちに矯正期間を終了することができます。
大人の場合は顎の成長が止まっているため子どもの矯正治療よりも治療期間が若干長くなります。また、患者様の口腔状況や要求度合いによっても異なります。
矯正治療の前によく相談し、納得された上で治療に入ることをお勧めします。

矯正装置を外したら治療終了ですか?

固定式の矯正装置(ブラケット)は歯を動かす時に使用します。
歯並びが整った直後から数年間は顎骨や歯周組織が安定しておらず、治療前の状態に戻ろうとする力が働きます。これを後戻りと言いますが、この後戻りを防ぐために保定装置の装着が必ず必要になります。
保定装置の装着期間は3年前後ですが、口腔状態によって異なってきます。

矯正期間中の通院は?

最初の3回は1週間ごとに通院していただきます。
その後、状態を見ながら2週間に1回あるいは1ヶ月に1回の通院になります。

大人の非抜歯矯正は可能?

矯正治療に年齢は基本的に関係ありません。
いくつになっても矯正治療は可能ですが、非抜歯矯正の可否については口腔状態によります。
患者様にお伝えしたいことは【当院は非抜歯の可能性について最大限の模索をする】ということです。

矯正治療の痛みは?

当院では、院長の経験に基づいた独自の矯正治療をおこなっております。
ブラケット装置時やワイヤーの交換時に違和感を感じることがあるかもしれませんが、痛みはほとんどありません。

虫歯の治療は他院に行くのですか?

当院の矯正治療は歯並びや咬み合せを整えるだけではありません。
子どもの場合は“虫歯を予防し、歯を育てる治療”、大人の場合は“虫歯予防と歯周病予防”など、トータルに管理しながら矯正治療を進めていきます。

矯正装置の目立つ金属が嫌なのですが?

白いセラミック製のブラケット(固定金具)を使用することで目立ちにくくすることができます。
また、白くコーティングされたワイヤーを用いることで、さらに目立ちにくくすることもできます。

抜歯して矯正することはありますか?

当院では極力抜歯しない矯正治療をおこなっております。
米国発の最新の矯正方法と当院独自の矯正方法で患者様の大切な歯をできる限り生かします。矯正治療後の見た目のきれいさは当然のこととして、健康で機能的な美しい歯並びにすることを原則としております。

矯正の治療費は?

矯正治療は健康保険を適用できないため、治療費は全額自己負担となります。
治療費が高額なことから、当院では患者様に詳しく説明し、納得されてから矯正治療に取り組むようにしております。

当院の矯正治療費は矯正基本料が、
小学生 300,000円
中学生 400,000円
高校生 450,000円
大学生 500,000円
となり、経過観察および処置料として毎月1回来院時に5,000円がかかります。

成人矯正の場合は矯正基本料が750,000円となりますが、
経過観察および処置料を含んだ治療費になります。

上記治療費は全て税抜き費用となります。
また、診断料・模型作製料・レントゲン撮影料・保定装置料を含む費用となっております。

ただし、難症例の方やセラミックブラケットの使用を希望された方の場合は、各100,000円(税別)の別途費用が必要になります。
その他、治療途中での追加徴収は基本的には一切ありせん。
患者様にもわかりやすいと評価をいただいている矯正治療費も、当院の矯正治療の特徴のひとつです。どうぞ、ご安心ください。

なぜ矯正専門歯科より治療費が安いのですか?

当院の基本は歯を安易に抜かない非抜歯矯正です。
そのため、矯正途中で様々な矯正装置を使用する必要がなく、治療費も安価に抑えることができます。

矯正治療費の支払方法は?

当医院では使用する装置や治療期間をご説明し、治療開始前に矯正治療費の総額をご案内しております。
お支払方法は分割払いなど複数ご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

医療費控除は受けられますか?

矯正治療費は医療費控除の対象となります。
領収書を発行しておりますので、確定申告時にお手続きいただければ医療費控除を受けることができます。

矯正治療の相談から始めたいんだけど?

矯正治療は自費診療で高額な治療費がかかりますから、患者様の不安な気持ちはよく理解できます。
このようなお気持ちに対応するために、当院では、予約制の院内無料相談を実施しております。
お気軽にご活用ください。

インフォメーション

Warning: simplexml_load_file(http://blog.livedoor.jp/shigeruoh/archives/cat_876773.xml): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 502 Bad Gateway in /var/www/html-ohno-kyosei.com/php/site_clinic_information.php on line 33 Warning: simplexml_load_file(): I/O warning : failed to load external entity "http://blog.livedoor.jp/shigeruoh/archives/cat_876773.xml" in /var/www/html-ohno-kyosei.com/php/site_clinic_information.php on line 33 Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /var/www/html-ohno-kyosei.com/php/site_clinic_information.php on line 36

■ 患者様向けの詳しい矯正案内を院内にて配布しております。

■ 初めて来院される方はアクセスマップを印刷してご利用ください。

ライン
  • 診療時間
  • アクセスマップ

おおの歯科医院の矯正治療

矯正治療案内

タウンニュース 平塚版

街のニュースや生活情報が満載の
地域密着型フリーペーパー「タウンニュース」
を応援しております。

矯正歯科 おおの歯科医院

▲ HOME

▲ PAGE TOP